そらきゅう・酒器/焼酎器

そらきゅう、九州各地の窯元のそらきゅうを集めました。

そらきゅう「ソラキュウ」は、薩摩地方で生まれた焼酎を楽しむための遊び道具として広まっていきました。
最初は普通のぐい飲みでしたが、飲み干すまでテーブルに置かせないように三角錐にしてしまいました。

-そらきゅうの遊び方-
酒宴の席での遊び方は「ナンコ」やジャンケンなどに負けた人はこの「ソラキュウを持たされ、なみなみと注がれた芋焼酎を、「そら〜きゅうッと呑め」、の掛け声とともに一気に飲まなければなりません。

その時の掛け声からこの盃が「そらきゅう」と呼ばれるようになったといわれています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

26