大山陶苑/天領窯

大山陶苑のある日田市は、徳川時代に幕府の天領に編入され代官所が置かれたため、九州の中心地として九州随一といわれるほどの繁栄をもたらし、「小京都」といわれるほど京風文化が発達していました。

歴史情緒ある町で、大山陶苑は独自の作風を開花させました。
ワイン色や赤を基調にやさしい作風は今女性に大変人気で注目されています。
大山陶苑の黒千代香の特徴は、薩摩焼には少ない優しい風合と色とが特徴で、黒じょかとは相反する色使いも、なぜかぴったりと調合しています。

大山陶苑

(大分県日田市大山町西大山)

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

9