長太郎焼本窯




薩摩長太郎焼本窯 


初代有山長太郎は島津家の御庭焼の画匠郡山静遊庵先生を師従して御庭焼に勤めていましたが陶画を専攻しました長太郎は自ら思う存分造ったり焼いたりしてみたいと一念発起御庭焼を辞して修行のため上洛し成形焼成等に付いて研究しました。

 明治31年帰って鹿児島市外谷山村清見橋下流の小松原の中に小屋と窯を築き方々から土や石を集めては造ったり焼いたり、赤貧洗うが如き中に苦節20有余年土と火と斗い続けました。
 艱苦欠乏の中にも窯を開けては渾然と融合したその自然的窯変の妙味は、叢雲の如く涛の如く人為的加工美の遠く及ばざる幽玄さにただただ一人満悦にひたっていました。
 大正の初期画聖黒田清輝先生及び吉井友兄氏等に認められ、一層鞭撻指導を受け遂に「一流を為す」とあって長太郎焼と命名され、仝九年登録いたしました。これ抑も長太郎焼の濫觴であります。
 その後天覧台覧並に献上品作成等の光栄に浴する事数回拡く天下に名声を博するに至りましたが、初代長太郎は昭和15年秋69齢にして他界、渋い伝統の中に斬新的芸術味と高雅な作風は単に愛陶家のみならず現代人の嗜好に適し、現在は谷山の本窯を四代長佑が継承しました。

長太郎本窯 長太郎本窯
 
黒千代香はここで生まれました
黒千代香の名は初代長太郎が命名したものです。



1935年3代有山長太郎 (流石) の長男に生まれる
1959年多摩美術大学彫刻科卒業
1970年常陸宮両殿下御来訪
  作品「天平鼓筒形花器」 献上
日展初入選
鹿児島県育英財団よりヨーロッパ1年間留学
1976年鹿児島陶芸展  総理大臣賞(外4回受賞)
1981年第13回・第15回 日展   特選(以降11回)
1983年日本新工芸展審査員
鹿児島県芸術文化奨励賞
鹿児島県より皇太子殿下へ 
 作品「叩き壷」 献上
1985年大韓民国産業美術協会主催
  第21回 全国公募展国際審査員 (以降5回)
スミソニアン財団(米国)東京セミナー実行委員会より 
  作品「叩き壷」 贈呈  サックラー&クリーヤ美術館に陳列
1986年日本新工芸展  白薩摩「耳付染付花品」 外務省買上
1988年第20回 日展審査員 就任
オーストラリア建国200周年記念国際交流 新工芸展招待出品
1990年大韓民国産業美術協会より国際審査員として表彰される
1994年第61回 九州・山口陶磁器展   審査員
佐賀県美術展   審査員
第16回 日本新工芸展   総理大臣賞
1995年鹿児島市立谷山小学校体育館にレリーフ「ゆうゆうのさと」 寄贈
1996年第28回 日展   審査員
1997年東武池袋店にて個展
鹿児島市甲突川(高麗橋、玉江橋) 陶銘板製作
1998年第30回 日展(3回目)   審査員
フジ国際ビエンナーレ展 招待出品
1999年日展評議員 就任
佐賀県美展   審査員
長崎大丸店にて個展
九州新工芸家連盟会長 就任
長太郎焼開窯100周年記念展 (山形屋画廊)
2000年東武池袋店にて第2回個展
2002年「セラミックアートFuji国際ビエンナーレ」展 招待出品(以降6回出品)

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

18