陶房 風樂


焼締めを中心とした作風は地元宮崎でも注目されています。
焼締めと言えば、日本古来の古墳時代から発展してきたもので、備前・信楽・越前・丹波などが有名ですが、その技法は全国に広まっています。
その技法としては、 薬など使用しないで、素地の土を生かしたものです。
1200度と高温で加熱するため出来上がりの大きさがかなり変わるため、複雑な黒千代香つくりには、高度な技術が必要です。
焼酎や泡盛の保存用の南蛮カメもこの焼締めで作られています。
甕仕込みの熟成焼酎のまろやかさやコクはこの焼締められたカメに寝かされたもので、やはり
「黒ジョカ」にむいていると言えます。
陶主の池下直人氏により、焼締められた黒千代香は、窯の中の置く場所や火の加減によって

一つ一つが表情豊かなものとなっています。

陶房 風楽
宮崎市本郷長北方

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

8