陶工房 さつき

陶工房さつき陶主の岩切洋一郎氏は、地元鹿児島で20有
余年薩摩焼を学んだ後、平成13年独立しました。
これまでに多くの陶芸展や美術展などで受賞しました。
その作風は薩摩焼400年伝統工芸の技を基本にした中に、
新しい風を吹き込んでいます。
また現在、鹿児島の専門学校で陶芸の指導も行っています。

【岩切 洋一郎氏著より】
衣・食・住と、洋風化している現代の生活スタイル。その中で
和食器(雑器)を作陶する上で常々考えていることは、質、
技術、デザイン性、(用の美)を重点に置き、お使いになられ
る人の気持ちを大事にするということです。
生活スタイルが、和風・洋風どちらであっても違和感のない
器や、土味の持つ柔らかく、温かみのある器で、『ほっと一息
』つけるような空間作りに役立つよう1つ1つ小さな器から
心を込めて提供したいと考えています。

陶工房さつき
  鹿児島市吉野町

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

1