吟松窯


吟松窯の黒千代香(黒ぢょか)は日本本土の最南端指宿市にある開聞岳の麓にあります。吟松窯は指宿市で昭和45年開業、以来黒薩摩を作り続けています。釉薬にこだわり、最近では細かく砕いたシラスをベースにした釉薬を使った「ちぢみ」模様のものを主に作り、その個性的な黒千代香はご好評を得ています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

12