八彩窯



八彩窯は田脇文夫氏が青年期フランスで絵画等学んだ後、鹿児島県指宿市に戻り薩摩焼を約20年修行の後,独自の作風を開花させた。

薩摩焼は「サツマウエアー」として世界では日本陶器の代名詞となっている。その薩摩焼とフランスヨーロッパとのコラボレーションを感じさせる作品は個性にあふれています。


八彩窯

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

7