荒木陶窯 /ぐいのみ  [T-193]

荒木陶窯 /ぐいのみ  [T-193]
売り切れ
■ぐいのみ 緑 荒木陶窯

薩摩焼の中でもこのぐい飲みは独特な色と風格を持ったものです。
口元にあたる器のラインは、黒千代香同様に切れのあるスタイルです。
男性なら掌にしっくりとくる少し大きめなサイズです。

薩摩焼は「白薩摩」と「黒薩摩」の2種類に代表されます。
貫入のある白生地に、薩摩錦手と云われる優美で繊細な色絵と
豊かな金彩を施した「白薩摩」は、薩摩の国焼きとして、藩公に珍重されました。
また藩政時代は薩摩藩の厳しい管理の基に置かれ、庶民には手の届かないものでした。
黒さつまは庶民に愛された焼き物でその中から黒千代香やそらきゅなどが生まれました。

荒木陶窯は、苗代川焼の400年の伝統とともに生きてきた歴史ある窯元です。
その技を現代に開花させた作品は数多く、それはおおらかな人間味にあふれ、
永年培われてきた技術の結晶は様々な技法に表現されています。

■セット内容:ぐいのみ/1個  
■サイズ:口径/6.5cm 高さ/6.5cm

他の写真

荒木陶窯 /ぐいのみ  [T-193]
売り切れ