田の浦窯/薩摩焼 そらきゅう 台付 (穴なし) [T-1109]

田の浦窯/薩摩焼 そらきゅう 台付 (穴なし) [T-1109]
売り切れ
そらきゅう 台付き 薩摩焼 ■田の浦窯

田ノ浦窯のこちらは、珍しい台付きのそらきゅうです。

薩摩の島津斉彬公が、1855年に磯邸内に磯お庭窯を開きました。
田の浦窯はお庭焼窯、御用窯として栄えた堅野系の流れを継いでいます。

■セット内容 :そらきゅう/1個   台/1個

そらきゅうの形は、円錐形になっており卓上に置くことができないようになっています。
薩摩地方では、昔からこの盃(そらきゅう)を差し出されたら「そら〜きゅっ〜」と
掛け声とともに一気に焼酎を飲み干していました。
このことから飲み干させるために、普通の形のぐい飲みが「そらきゅう」の形に変形していきました。
そしてぐい飲みの名前もこの掛け声のように「そらきゅう」となったといわれています。

セット内容 :そらきゅう/1個   台/1個

他の写真

田の浦窯/薩摩焼 そらきゅう 台付 (穴なし) [T-1109]
売り切れ