工房豊炎/薩摩焼伝統工芸 急須(細目)  [R-13]

工房豊炎/薩摩焼伝統工芸 急須(細目)  [R-13]

販売価格: 17,800円

在庫わずか
数量:
■手づくり急須 陶器(細目)/工房豊炎 

急須は中国から運ばれてきましたが、その語源は酒器の急火焼(きびしょう)だとも言われており、中国では酒器やヤカンのような使われ方をしていました。

鹿児島が発祥の酒器、黒千代香は焼酎をおいしく飲む器ですが、薩摩焼400年の歴史の中からも、とても素晴らしい急須が多く生まれています。

今回入荷した陶器の急須は遠赤効果や吸水性・保温性に優れているため、お茶本来のうま味が増すとともに、まろやかになります。
急須の命とも言われる茶こし部分は、丁寧に一つ一つ手で時間をかけ細やかな穴があけられており茎などが詰まりにくいように作られています。
全体のスタイルもバランスよく、お茶を注いだ後の口元の液だれもない切れの良い出来上がりは、やはり黒千代香を作る技術で証明されています。
本体もろくろを使った、すべてが完全手づくりです。

贈り物にも最適な逸品です。

陶製の茶こし部分の細目(ささめ)は、茶葉の細かい深蒸し茶、また玉露や上級煎茶などのように低い湯温で淹れるお茶にも適しています。

鹿児島茶は静岡県に次いで荒茶の生産量は全国2位です。
また特攻隊の基地で有名な「知覧」の知覧茶が人気です。

急須 工房豊炎
急須 工房豊炎
一つ一つ丁寧に手で空けられた細目(ササメ)
急須 工房豊炎
ろくろで作った手作りの跡が見えます
急須 工房豊炎
工房豊炎の名作です
急須 工房豊炎
急須 工房豊炎
押しピンの針と同じ大きさ位の穴です
急須 工房豊炎

他の写真

工房豊炎/薩摩焼伝統工芸 急須(細目)  [R-13]

販売価格: 17,800円

在庫わずか
数量: